口コミで人気のDHCのグルコサミンと北国の恵みで軟骨を改善

口コミで人気のDHCのグルコサミンと北国の恵みで軟骨を改善
口コミで人気のDHCによるグルコサミンですが、同様に軟骨を回復させる成分を含んでいる北国の恵みとどのように違うのでしょうか。

 

前者に含まれているグルコサミンは1日当たり1920ミリグラム入っていますので、健康の維持に必要な量を十分に摂取することができます。
それに対して北国の恵みに含まれる軟骨成分は5ミリグラムとなっており、非常に差があるように思われます。

 

しかし軟骨成分は少量を摂取することで軟骨の再生と水分の供給を行い、これ以上の軟骨のすり減りを予防することができるのに対して、グルコサミンは軟骨成分を生成する機能を持っているため、お互いがお互いを補助しあうことで、より軟骨を健康に保つことができるようになっています。

 

そのためDHCの食品と北国の恵みを両方食べることによって、関節の痛みを改善することができるため、どちらも健康維持に役立つ食品ということができます。
さらにどちらにもT型コラーゲンやU型コラーゲンが含まれているので、表皮細胞を潤わせて肌を美しく保つ機能も期待できます。